How to internet = How to freedom

161209

こんにちは

人ってもっと、もっと
自由に生きていいんだと思います。

自分の子供には、
自由に生きてほしい
好きなことをして生きてほしい

と思ったことはないですか?

でも、

世間はそんなに甘くない。

そんなにうまくいくわけがない。

好きなことでごはんが食べられるなら苦労しない。


根っこでは思っていて、
子供に言ったり、自分もそうしていたりと
どっちが正解なのか
自分でもよくわからなくなっていませんか。

でも、
それは、あなただけが特別なことじゃないですよ。
みんな自分の中で、矛盾を抱えて生きてきた。

今までは。。。

だけど、
昔と今では全く違うところがあります。

それが「インターネット」
今、10代の人にとってみれば
当たり前の存在ですが、
このネットが「ある」と「ない」
の世の中は全然違うのです。

「インターネット」をどう使うか。

「インターネット」の使い方次第で
自由に生きられるか、
不自由に生きるか
が変わります。

「インターネット」は、
単なる調べ物をするツールではないと
いうことを知っておきたい。

「受け取る」と「発信する」

多くの人は、「受け取る」で
完了して、「便利だな〜」で
終わってしまっていると思いますが、
いえいえ、
インターネットの底力は、
「発信する」ことにあります。

このインターネットで
「発信する」ことこそ
自由に生きるための手段なんですね。

わたしは、インターネットを使って
お客さんにホームページを提供する
仕事を20年ほどやってきました。

それは、
日本にまだ「ヤフー」が
生まれて間もない頃からです。

かつて、「発信する」ということが
許されていたのは、
新聞、テレビ、ラジオ、雑誌などの
巨大なメディア

その巨大なメディアの力を
借りないと「発信する」ということは出来ませんでした。

でも、今は違うんですよ、、、
自分のことを「発信する」ことが可能です。

それも無料です。

これを使って、
あなたが自由になるかは
あなたが選択するかどうかだけです。

今日は、ここまで
読んでいただいて、
ありがとうございました。

コメントは受け付けていません。