スマホ老眼が深刻!大人の疲れ目ケアに効く○○がすごい

グッズやサプリで目を労って。お家で簡単にできる疲れ目解消ケア

グッズや疲れ目サプリで目を労って。家で疲れ目ケア

疲れ目を引き起こす原因のひとつが血行不良です。
日々酷使している目の血行を良くして疲れ目を緩和する簡単な方法をご紹介します。

ホットアイマスクで目元をあたためる

眼精疲労を緩和するには、蒸しタオルで目を温める方法がオススメ。水に濡らして絞ったタオルをラップで包み、レンジで数秒温めて目元を覆います。

目元を温めることで血流が良くなり、凝り固まった筋肉をほぐすことができます。蒸しタオルを目元に乗せることで目の保湿にもつながるので、目元だけでなく顔や頭などの血流アップも期待できます。

最近では、封を開けると温まるものやレンジで温めて繰り返し使えるものなど、さまざまなタイプのホットアイマスクがたくさん登場しています。目が疲れたと感じた時に使うのもいいですし、毎日寝る前に1日の疲れを癒すようにホットアイマスクを使ってもいいですね。

肩と首を温めて血行不良を改善

肩や首の筋肉が凝り固まって血流が悪くなると、目元へ送られる血液の流れが悪くなります。肩や首の血行不良を改善して、目元への血流をスムーズにすることが眼精疲労を解消するコツです。

ホットアイマスクと同じく、蒸しタオルを肩や首にのせてじんわりと温めましょう。肩こりや首のコリも解消できて一石二鳥です。

マッサージをする

目の周りを指の腹で優しく押したり、頭皮を軽くマッサージするなども、目元の血流を良くするのに効果的。コロコロと動かすだけで目元や顔のマッサージができるマッサージグッズを活用するのもいいですね。

ヘッドマッサージやフェイスマッサージを受けてみるのもオススメ。いつも頑張っている自分へのご褒美のつもりで、溜まった疲れをプロの技で解消してみるのもひとつの方法です。

飲むだけでできる疲れ目ケアがあるんです……

スマホ老眼対策サプリ改善するには、朝の2粒で1日スッキリ目や肩を温める、マッサージをするなどの方法はすぐにでもできる簡単な方法で一時的に疲れ目を緩和できても、毎日続けるとなるとなかなかむずかしいですよね。仕事でヘトヘトに疲れているときなんて、目のケアなんて後回し……となってしまうことも。

そんな忙しい毎日を送るみなさんでも、「サプリを飲むだけ」の疲れ目ケアなら無理なく続けられそうって思いませんか?

スマホえんきん』は、スマホやPCで日々目を酷使している20代の目に効果的にアプローチする疲れ目ケアサプリです。

「アイマスクやマッサージグッズなどを使うのも面倒」というズボラさんでも、「毎日忙しくて時間がない!」という多忙な人も、毎日たった2粒サプリを飲むだけで簡単に疲れ目ケアができます。

かさばらないので、出張や旅行先など自宅以外の場所に持っていけて、飲み忘れの心配もありません。

目の焦点を合わせて疲労を緩和する働きに着目!

日々目を酷使する20代からの疲れ目を考えた『スマホえんきん』は、よくある老眼向けサプリとは一味違います。

  • 老眼向けサプリ・・・小さい字が読みにくい、手元のピントが合いにくいなど加齢に伴う機能の低下を助ける目的
  • スマホえんきん・・・仕事で目を酷使する20代からの疲れ目に着目したサプリ

目の疲労感をケアするビルベリー由来アントシアニンと目のために撮りたいルテイン、ビタミン類をたっぷり配合

目の疲労感に着目し、疲れ目に働きかけるビルベリー由来の『アントシアニン』を57.6mg配合。

  • アントシアニンとは?

ブルーベリーなどに多く含まれるアントシアニンは、目の血管を保護したり血流をアップさせたりする働きがある成分。特に眼精疲労や視力改善に即効性があるといわれ、目の疲れの原因となる近点調節機能やピント調整機能を改善する効果も報告されています。

ほかにも、疲れ目ケアに嬉しいルテインやビタミン類がたくさん含まれている『スマホえんきん』は、20代からの目の健康を第一に考えたサプリメントです。

コスパが良くないと続かない!お財布に優しいお手ごろ価格

高価なサプリは効果が期待できそうだけど、継続して使い続けるのは厳しいですよね。ファンケルの『スマホえんきん』は、1日あたり53円というコスパの良さで毎日続けられるお財布に優しい価格です。

さらに初めて購入する人に限り、通常1袋1,563円が、2袋(4週間分)780円のお試し価格で購入することができます!効果があるかどうか不安な人、毎日続けられるかわからなくて購入を迷っている人は、お試し価格でお得に購入してみてはいかがでしょうか。

ページの先頭へ